学校法人敷島学園 厚生労働省認可 文部科学省指定 ヨコスカ調理製菓専門学校

調理師やパティシエを目指すならヨコスカ調理製菓専門学校で学ぼう

  • ツイッター
  • ライン
  • フェイスブック

ニュース&トピックス

  • 学園

製菓講座2020 第1回目

2020-06-05

ヨコ調の特徴的なカリキュラムのひとつの「製菓」。製菓の基本技術を身につけ、「製菓衛生師(国)」の受験資格取得を目指します。   調理師や介護食士と同時にお菓子も学べるという理由からヨコ調を希望した学生も多く、卒業後の進路として「製菓・製パン」という選択肢が増えて、就職にも有利になります。

タブリエ(エプロン)姿も初々しく始まったファミール製菓 元工場長 大浜幸雄講師による実習でした。

内容は「アーモンドマリー」、「ショコラスポンジ」、「ジョコンド」。生地を作る際に、砂糖や溶き卵を何回かに分けて混ぜたり、チョコの色を出すために重曹を入たり、とても細かい作業にもちゃんと意味があります。 しっとりと焼き上がった「アーモンドマリー」は試食をしました。「ショコラスポンジ」、「ビスキュイ・ジョコンド」は冷凍保存して、これから先の実習の材料とします。

 

実習の様子


アーモンドマリー

一覧へ戻る